黒ずみ乳首治す効果的な方法です。あなたも乳首の黒ずみで悩んでいますよね?乳首の黒ずみ治す方法や、なんで乳首が黒ずんでしまうのか?の理由や仕組みを解説します。

 

乳首の色を少女の頃のきれいなピンク色に近づたい!

乳首の黒ずみを解消するにはどうすればいいんでしょうか?

 

乳首の黒ずみ=メラニン色素

乳首が黒ずんでしまうのは、汚れたりしているからではありません。

メラニン色素が乳首に集まって、そのまま色素沈着している状態が乳首の黒ずみです。

顔やほかの体の部分でも同じような色素沈着が起きることがありますが、その見え方によってシミと呼ばれたり、黒ずみと呼ばれたりすることがあるだけで、状態としては同じです。

メラニン色素は知っていますよね?

メラニン色素って、夏になると黒く日焼けしたり、スキー場で日焼けしたり、そして放っておくとシミになってしまったりする、、あのメラニン色素?

そうです!そのメラニン色素です。

でも、乳首は日焼けしてないですよ?

そ、そうですよね。。。。そんな破廉恥なことはしちゃいけません!

実はメラニン色素が生成されたり、集まってくる理由って日焼け以外にもあるんです。

日焼け以外のメラニン色素ができる理由

日焼けは(有害なほどに)強い紫外線(UV)が肌(皮膚の細胞)にあたると、その「皮膚を守るために」肌の中のメラノサイトという組織がメラニンを生成します。

紫外線は直接的な理由ですけど、「皮膚を守るために」というところがポイントです。

実は、メラノサイトは「皮膚を守るため」なら、紫外線以外の肌への刺激でも、メラニン色素を生成します。

え?乳首への刺激って?まさか・・・・ぽっ

ちっ違います!そういう刺激じゃありません(-_-)!!

いや、そういう可能性も無いわけじゃないんですけど、そんなに継続的にメラノサイトが危機感を感じるような刺激って、、、きっとそういうことでは起きませんよね???(笑)

 

ホルモンバランス・女性ホルモン分泌の変化

女性ホルモンは

  • エストロゲン(卵胞ホルモン)
  • プロゲステロン(黄体ホルモン)

の2種類が有名ですよね。この女性ホルモンは、

  • ストレス
  • 年齢
  • 妊娠・出産
  • 生理
  • 閉経

など、いろんな理由で分泌量やバランスが変わります。

そして、この女性ホルモンはメラニン色素を刺激する働きもあるんです。

だから、妊娠中は正中線ができたり、デリケートゾーンやワキが黒ずんだり、シミが出来やすくなったりするんですね!

普段でも、毎月、排卵~月経の間のエストロゲンが多くなっている約2週間は、メラニン色素が刺激されている期間。

シミ対策を考えるなら、それ以外の週よりも、厳重に紫外線対策をする必要がありそうです。

 

ストレスもやっぱりメラノサイトを刺激するホルモンの分泌を増加させてしまうことがあります。

  • α-MSH
  • ACTH

などが知られています。

「仕事のストレスで肌ボロボロ」なんていうこともありますが、肌荒れとか乾燥・ターンオーバー異常以外に、そんな悪影響もあったんですね。

授乳も刺激に

 

授乳も摩擦はそれほどでもないですし、慣れると気にならないですが、吸われるのでマイナスの圧力がかかりますよね?

ある程度の期間、回数も時間もそれなりのボリュームです。

そんな直接的な乳首への刺激から肌を守るために、メラニン色素ができたり、乳首に集まって黒ずみ乳首になるのではないか?といわれています。

 

服などの摩擦

服や下着の摩擦も、普段は気にならないですが、気にならないことと、摩擦が無いことは別。

普段、ひじやひざなどの体の出っ張った部分は、摩擦や圧力の刺激で黒ずみになりやすいそうです。

じゃぁ乳首は?????

だいぶバストに自信が無い人でも、乳首は出っ張ってはいますよね?

乳首に関しては、授乳しないといけないので、出っ張ってること自体にも、きっと生き物としての意味があるんでしょうね。

 

黒ずみ乳首を治す有効な美白成分

 

化粧品などには美白コスメ、というのがたくさん出ていますし、実際、何かしら美白成分が入っている化粧品を使っている女性がほとんどですよね?

美白成分は「メラニンの生成を抑え、シミや黒ずみを予防する」成分のこと。

普段、顔に使うような美白コスメも、黒ずみ乳首に使って対策することができそうです。

でも、乳首って普段外には露出しないので、化粧品のように、肌をカバーしたり、紫外線を防ぐ成分は必要なさそうです。

それに、デリケートで敏感な部分なので、変に刺激したくないから、なるべく余計な成分は入っていないほうがいいですよね?

そんなわけで、美白効果・メラニン対策・黒ずみ乳首ケアに必要な成分を確保して、それ以外のものは入っていない、敏感肌にもオススメの黒ずみ乳首ケアクリームを見つけましょう。

黒ずみ乳首ケアに必要な美白成分

実はメラニンを抑制する美白成分って、結構歴史が古くて、種類も多いんです。ただ、副作用や刺激が強いものもあるので、濃度にもよりますが皮膚科のお医者さんで処方してもらう必要があるようなものもあります。

ハイドロキノン

もともと医薬品として、アメリカの皮膚科で使われていたもので、日本でも皮膚科で外用薬(クリーム)として処方されるようになり、最近では濃度の薄いもの(2%以下)であれば一般の医薬品・医薬部外品として発売されているものもあります。

メラニンの生成を引き起こすチロシーナーゼの働きを阻害(邪魔すること)することで、メラニンの発生を抑えます。

同時に、メラノサイト自体にも直接効果を及ぼすので、非常に美白効果が高いといわれています。

と、同時に、刺激も強いので、ピリピリとした刺激を感じる人もいますので、気をつけてくださいね。

他にも様々なメラニン色素の発生を抑制する美白成分があります。

 

トレチノイン酸

トレチノイン酸はメラニン色素に直接影響を与えるものではありません。

え?じゃぁ何するの?

日焼けって、なんで冬になると治るんでしょうか?

肌の細胞が入れ替わるから?

そうなんです。一度出来てしまったメラニン色素だけを細胞の中から取り除くことはほとんどできません。

でも、人間の細胞というのは常に入れ替わっているので、肌(皮膚)の細胞もどんどん内側から外に押し出されて、最終的には入れ替わります。

これを「肌のターンオーバー」と呼んでいます。

メラニン色素を含んでいる細胞が外に出て行くので、日焼けはだんだんと薄くなっていくわけです。

逆に、このメラニン色素を含んだ細胞が異常に長期間肌に残っていると、色素の色の成分が周囲に広がってしまい、いつまでも残ってしまいます。これがシミや黒ずみ。そうでなくても、くすみ、というのが目立つようになります。

え?そうだったの?

そうなんです。だから、肌のターンオーバーってとっても重要なんです。

若い頃はかなり短期間で入れ替わる皮膚の細胞(だから若い頃は肌がキレイ!!!)ですが、年齢を経るにつれてこのターンオーバー周期は長くなってしまいます。また、ストレスなどによってもターンオーバー周期が乱れることがあり、それが肌トラブルにつながることがあります。

トレチノイン酸はビタミンA誘導体として、この肌のターンオーバーを活性化させます。

 

まとめると、

美白

  • ハイドロキノンなどで新しいメラニン色素の生成を抑える
  • トレチノイン酸などで肌のターンオーバーを活性化させて古い細胞(とメラニン色素)を外に出す

の2ステップが必要って言うことだったんですね。

黒ずみ乳首治す方法一覧

じゃぁ黒ずみ乳首治す方法ってどれくらいあるのか、一覧で比較してみましょう。

 

一番お手軽、普通の美白コスメを使っちゃう♪

結局、顔も乳首も皮膚なので、多少違いはあっても、基本的な仕組みは同じ。

なので、普通のシミ・黒ずみ対策用品や美白コスメを使っちゃうのも一つの方法です。

乳首ケアクリームだけをわざわざ買うのも・・・と思ってしまうあなたは、ココから始めるのもいいかもしれません。

何もしないよりはだいぶマシなんですが、ただ注意点があります。

たいていの美白コスメや化粧品は日焼け止め(UVカット)成分が入っていますよね?

日焼け止めは肌への刺激が強いので、乳首に使って大丈夫かな?って思うときもあると思います。

そんなときには次の手がおすすめ

 

皮膚科で外用薬(美白クリーム)の処方箋をもらう

もともと、ハイドロキノンなどの美白成分は皮膚科でシミや黒ずみの治療薬として使われていた(いる)もの。

健康保険が適用されるかどうかはお医者さん次第で、口コミでは「適用外」という皮膚科も多いようですが、

一番確実ですよね?

だいたい、「1日2回塗布 × 3ヶ月継続」して様子を見る・判断するというお医者さんが多いようです。成分は肌質との相性もあるので、いろいろなものを提案してくれます。

 

ビタミンCなどの飲み薬と併用されることもあります。

でも、ここにもネックがあります。

 

  • 乳首の黒ずみで、、、皮膚科のお医者さんに診察してもわないといけない!
    女医さんだったらいいけど、、そうじゃなかったら、、、キャーーーーー
  • 親にも説明できない・・・
  • 健康保険がきかないと、治療費用が気になる・・・・

そんなあなたには、次の方法がオススメです。

乳首美白クリームとして口コミで人気のホワイトラグジュアリーを使う

やっぱり、、、誰にも見られたくないですよね?

あなたの黒ずみ乳首。

それなら、これが断然おすすめです。

 

  • 他の人にバレないように、プライバシーにも配慮した梱包で
  • しっかり有効成分配合の医薬部外品
  • 国内生産・余計なものは無添加で安心
  • 雑誌などでも紹介されてる口コミ人気コスメ
  • とにかく付け心地が気持ちよくて、全身に使いたいくらい♪
  • デリケートゾーンやひじ・膝など、他の部分のシミや黒ずみ対策にも使える
  • 定期購入コースなら大幅に安い

↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓

透明感のある美白クリーム【ホワイトラグジュアリープレミアム】
94.8%が美白を実感の乳首美白
4000円OFFのキレイになりたい女子応援キャンペーンは
>>ここをクリック!<<

2314 黒ずみ乳首治す方法 ホワイトラグジュアリープレミアム